dantelのブログ

日々の心境、思想、学び、気づき等を書き留めています。いつか、後世への遺物となることを願っています。

『断片をつなぎあわせる人』になる。

私には、この人生をかけて やっていきたいことがあります。というよりは、以前から考えていた、 もやっとしたものが、ようやく行動に移せる 形になる時が来ました。これが、『夢』という大それた言い方には 当てはまりませんので、小さな夢、役割とでも 位置…

鶉野飛行場跡

昨日、兵庫県加西市にある、加西・鶉野飛行場跡(旧 姫路海軍航空隊基地)に、7人のメンバーで行って参りました。 台風18号が接近中の中、朝までどうなるか わかりませんでしたが、なんとか雨も降らず、 時々太陽の光りも射し込むような天気になり、 参加者の…

突き抜ける

今日、名古屋で素晴らしいご縁を頂きました。同じ仕事をしている先輩にあたる方です。もうすぐ開催する研修会でスピーチ頂く事が 決まり、打ち合わせでお会いさせて頂きました。考え方、行動力、そして身体中から 出ているオーラ。そのすべてにおいて、今ま…

眼鏡

眼鏡をかけはじめて、 ちょうど10年が経ちました。10年記念!というわけではないですが、 眼鏡のレンズの傷が目立ってきたので、 新しいものと変えました。といっても、今の眼鏡のフレームが 気に入っているので、今回レンズだけを 交換しました。20歳前半ま…

石田梅岩を読み返す

山岡正義著書『魂の商人 石田梅岩が語ったこと』 を読んでいます。商売やビジネスをしている多くの人に、 是非とも読んでもらいたい一冊です。資本主義経済は、利益をあげることの方向性に、 正しさを選択出来なくなっているように思います。もちろん、全て…

きらきらと輝く嬉しいこと

今日はきらきらと輝く嬉しいことが 散りばめられた1日となりました。午前中は、大変ご無沙汰している お客さんとお会いしました。50代後半のご夫婦で、約3年ぶりに 顔を合わしましたが、お二人とも変わらず お元気そうでした。帰り際に、奥さんから本をプレ…

青春は戦争の消耗品ではない

大林宣彦監督「花筐 HANAGATAMI」が、 12月16日に公開されることが決定したことを 知りました。この作品は、作家・檀一雄さんの小説が原作。大林監督が、約40年前に商業映画デビュー用に 脚本を書き上げていた思い入れのある作品 だそうです。 大林監督は、…

弱い自分を1ミリでも前へ

私のあるお客さんから、一本の電話を頂きました。ご主人が、悪性リンパ腫の疑いが あるということでした。少しお話をしたあと一言、私に、『とても心強いです。』とおっしゃいました。 ご主人は59歳。 お仕事もされていますし、これからまだまだ やりたい事…

戦争を知らない人間は、半分は子供である。

100分で名著、大岡昇平著書『野火』を 見終わりました。舞台は太平洋戦争で、日本軍がもっとも 戦死者を出したフィリピン。守備隊は全滅し、生き残った主人公、 田村一等兵が、生と死の間に揺れる極限状態に 見た、人間の姿を写し出した小説です。大岡さん自…

今日から9月。北海道の時間。

今日から9月に入りました。8月31日と9月1日は1日しか変わりませんが、 私の気持ちは不思議と変わっているのが 分かります。さて、8月末には仕事仲間で 北海道に行って参りました。前回お伝えしましたミサイル発射、 そして上空通過というある種の危機を感じ…

72年ぶりの空襲警報

昨日から北海道にきています。札幌のホテルで泊まり、朝の6時2分です。携帯からJアラートが鳴りだし、画面を見ると、 北朝鮮が弾道ミサイルを発射したとのことです。しかも、今回は日本海に落ちたといった 事後報告ではありません。すぐさまニュースを付ける…

銀河鉄道の夜 上映会

長女にとって夏休み最後の日、私の町にある 小さなプラネタリウムで開催されました 『銀河鉄道の夜』DVD上映会に 行って参りました。銀河鉄道の夜は、家族みんなが好きな 物語だったので、これは是非観にいきたいと 思っていたイベントです。プラネタリウ…

容積定量説と容積不定量説

人生には、『容積定量説』と『容積不定量説』 の2つの考え方ができると、探検家の 西堀栄三郎さんは言われています。容積定量説というのは、人間のキャパには 限りがあり、何かを選択すれば、何かを 捨てなければならないという考え方です。例えば、1,000CC…

家族で琵琶湖

先日、家族で琵琶湖へ遊びに行きました。場所はいつもお盆に、友人たちと遊びに 行っている和邇浜です。平日ということもあり、 ほとんど人はいませんでした。家族でゆっくり夏らしい遊びをするのは、 この日が初めてだと思います。昨年は、静岡の親戚の家に…

求める力

君には求める力がある。 運もある。人間は能力ではなく、求める力が大切だ。以前、師匠から言われました。寿命が伸び、既存のライフスタイルが 崩壊していく予兆の中、私が求めている人生に 少しずつ、少しずつ、向かって行っている。そんな風に感じる1日で…

素敵なご家族

今日、仕事であるご家族のご自宅に伺いました。奥さんとは3年前、私が講師を務めた セミナーでお会いし、そこからの お付き合いになります。ご主人は大工さんで、手に職をつけられた 立派な方です。そして、女の子3人のお子さんが いらっしゃいます。伺った…

サマーウォーズ

金曜ロードショーで放映されました 『サマーウォーズ』を観ました。2009年公開の映画でしたが、 今日、初めて観ました。昔ながらの家に、親戚一同があつまり、 古き良き風景と、アバターなどを使い、デジタル化された バーチャルな今風の世界が混ざりあった …

特別な日

8月15日。日本人にとって特別な日が 今年もやってきました。終戦記念日です。今年で72年を迎えました。この72年間、過ちを繰り返すことなく、 戦争放棄の時代を繋いでこれました。あの戦争で、亡くなられた日本人は 300万人以上と言われています。そして今も…

カマキリ

昨日、娘たちが近くの公園でカマキリを 見たというので、夕食を食べてから、 娘たちとその公園に見に行きました。じっくり草むらをみたのですが、 今日は見つからず残念。昆虫ではダントツ、カマキリが大好きな私。昨年から全くカマキリを見ていません。今日…

琵琶湖、星空

毎年、この時季になると、地元の仲間たちと 琵琶湖にいきます。一泊二日で、琵琶湖で遊び、温泉につかり、 鍋をつついてお酒をかわす。夜通し話をしたり、ゲームで盛り上がったり、 ただただ、子供のころの延長線のような時間です。私はこの時間が大好きです…

平和へのつどい

昨日、市が決議した非核平和都市宣言の 推進事業として、『平和へのつどい』に 参加してきました。プログラムは、第1部として被爆体験を聞く、 第2部は、原爆・空襲被害の実相を知るとして、 工学博士、工藤洋三氏からお話を伺いました。私が住む市では、45…

富士山

8月5日、友人たち5人で、富士山に 登って参りました。8月4日の朝から車で出発し、 その日は山中湖付近のペンションで休みました。1日明け、早朝から出発。バスで5号目まで行きましたが、既に雲を 見下ろす絶景ポイントとなっていました。高山病を回避するた…

インスパイアする人生

“商いは牛の涎”という言葉があります。商いをするには、一時に大もうけをしようと すれば失敗するものだから、牛の涎のように 細く長く切れ目なく気長に続けねばならない という意味です。これは、商いに限らず、どんな仕事や人生に おいても、当てはまるの…

家紋の研究会 本番

昨日、私のお客さんの会社で、以前ブログにも 書きました『家紋の研究会』と題した セミナーイベントを行いました。大人も子供も併せて、6名が参加下さいました。まず、私が講師として45分間、 家紋の歴史や種類、意味などを お話させてもらいました。子供た…

100年カレンダー

先日、師匠の勉強会で教えて頂いた 100年カレンダーが自宅に届きました。自分が生まれた年から向こう100年、 一覧表になっています。テーブル一面に広げ、古い写真を引っ張り出し、 夫婦で色んな思い出を話し合いました。生まれた日の曜日、空手と出会った幼…

前々職の先輩たちと

前々職の先輩たちと、ビアガーデンに 行ってきました。今も前々職の職場で活躍されている方、 もしくは同じ業界にキャリアアップされた方 ばかりです。私だけが、違う道に進んでいます。にもかかわらず、こうやって声を掛けて下さる 先輩には、有難い気持ち…

師匠の波動

本日は、月1度の師匠との勉強会でした。師匠の発想、エネルギー、そして情緒を 側で感じ、その波動を沢山受けとりました。正直、言われている事が難しくて、 わからない箇所も多々あるのですが、 波動は確かに受け取っています。受け取った波動は、また別の…

人が人に与える影響

よく、人にどう見られたっていい。 自分らしく生きることが大切だ。そんなフレーズを聞きます。確かに、人目を気にして消極的な態度をとるのは、良くないことかもしれません。しかし、人が人に与える影響というのは、 本当に大きいものです。例えば、朝、エ…

博士の愛した数式

先日、映画『博士の愛した数式』を観ました。もう10年以上も前の映画ですが、 小説の著者である小川洋子さんと、 河合隼雄さんの対話本、『生きるとは、自分の物語をつくること』を読んだことがきっかけで、観ることになりました。主人公の博士は、過去に起…

12色の色えんぴつに気づく工夫

今朝、長女との会話に、以前師匠に教わった 日本人の思考と西洋の思考の違いを 思い出しました。娘が、ベランダで育てているプチトマトの 観察日記を描き終えました。12色の色えんぴつを使い、色塗りを始めた ところ、娘が言うのです。『思うような色で塗れ…