dantelのブログ

日々の心境、思想、学び、気づき等を書き留めています。いつか、後世への遺物となることを願っています。

インフルエンザ

人生初のインフルエンザにかかりました。17日(水)の午後からしゃっくりが止まらず、なんだろうと思いながら次の日には発熱。一晩様子をみて翌朝熱は下がらずということで病院へ。検査の結果、インフルエンザ(A型)と判明されました。週末は仕事などの予定も詰…

何が出来るのか。

仕事での手続きがあり、あるお客さま方にお会いしてきました。このお客さまは、昨年9月に奥様をご病気で亡くされました。まだ50歳の若さで、お子さんも中学3年生ですから、本当にお辛かったと思います。約1時間程、夫婦の思い出、ご病気が見つかり、闘病し…

遺族会・互例会

今日は仕事を休み(この3連休仕事をしたので、その有給にあてましょう)、遺族会の互例会に参加致しました。食事をみなさんと共にし、現会長の遺族会の意味や想いをしっかり聴くことができ、益々遺族会の存在意義、利害関係を超えた生かされている人間としての…

奪われても失わないもの。

『奪われ』ても、『失わない』ものが この世にはあります。その一つに、『知恵』があるのではないでしょうか。かつて近江聖人といわれた陽明学者、中江藤樹さんは、『叡知』とよびました。知恵は、知識が役立つものになったものです。知識は人間の暮らしを豊…

北野天満宮~ソプラノリサイタル

5日に師匠と、同じく一緒に師匠から学んでいる先輩と3人で、北野天満宮へお参りに行きました。小寒のどんよりした冬らしい空から、冷たい小雨が降る午前でしたが、多くの人が初詣を楽しんでおりました。学問の神様である菅原道真公に、今年も学問がしっかり…

三が日

この三が日は、非常に充実した日々でした。元旦は、前述のように毎年変わらぬ大事な時間を過ごせましたし、二日は妻の実家にて、すき焼きや御節料理を楽しみ、実家近くのお寺に皆で参り、自宅ではトランプで盛り上がりました。これも毎年の行事ではあります…

2018年元旦

年が明け、2018年がスタート致しました。元旦は毎年、朝から家族、そして私の弟と共に先祖の墓参りにいきます。新年の挨拶を済ませたあとは、我が家にて御節料理を頂きます。今年も伯父さんが顔を出してくれ、子供達にお年玉を下さいました。伯父さんは、代…

遺族会・慰霊祭

昨日は、今年の11月から加入させて頂きました、私の住む市の遺族会での慰霊祭がありました。朝7:30から、市の公園にある慰霊碑を掃除し、参加者皆で、英霊へ般若心経を唱えました。遺族会の会員の平均年齢は70歳ぐらいだと思いますが、皆さん本当にお元気で…

年賀状

今年も無事、年賀状を出すことができました。600枚以上の年賀状に、一言一言を書いていくのも正直大変ですが、一人一人に感謝を込められたと思います。2017年、直接お世話になった方も、ずっとご縁を繋いで下さる方も、今年はじめましての方も、そして御別れ…

歩くことで得られる景色

今日は朝早くから、私のお客さまにカレンダーを届けて参りました。多くは郵送するのですが、私が徒歩圏内でまわれるお客さまには毎年歩いて届けるのが年末の恒例ともなってきました。約3時間をかけて歩くと、さすがに足腰が痛くなり、疲労もなかなかのもの…

今年最後の師匠との時間。

一昨日は、今年最後の師匠との勉強会でありました。道学を学ばせて頂き、『人間だもの』という商いの素晴らしい映画を観て、師匠のエネルギーの波動を受け、本当に佳い時間を頂きました。師匠は『誠実』に人生を生きていらっしゃいます。私などまだまだだと…

ピアノの発表会♪

昨年から習いはじめましたピアノですが、ついにピアノスクールの発表会に出場させて頂きました。といってもメインは子供達で、大人は私と保育士さんの2人だけですから、それだけでもなんとなく恥ずかしいものがありました。出場社は第一部が12組、第二部の連…

家康の最期

12月10日、私や友人たちで立ち上げた歴史ツアー倶楽部『天下布部』の、11回目の歴史ツアーでした。今回は千利休を中心に堺の歴史を学んで参りました。道中、ざっくばらんに会話をしながら、各々のペースで歴史が学べるというのが、このツアーの良さであり魅…

遺族会

私の住む市にある『遺族会』の会員として、登録させて頂きました。以前、戦没者追悼式に参加させて頂いたことがきっかけで、遺族会会長とご縁を頂戴したのです。初の定例会で自己紹介をさせてもらい、また私に対して遺族会の参加者、お一人お一人が丁寧に自…

76年前の今日

ちょうど76年前の今日12月8日未明、日本軍による真珠湾攻撃が行われ、米英との太平洋戦争が開戦されました。直接的な関わりがない私にとっても、12月8日は日本人として非常に意識する日であります。当時、真珠湾攻撃に空母蒼龍の航空整備士として参加され、…

上品な人・下品な人

人には上品な人・下品な人がいますが、そもそも上品・下品の定義をどのように位置付けるのかは、人それぞれでは無いでしょうか。ドイツの社会学者、マックス・シェーラーによる『上品な人・下品な人』の定義に、私は非常に共感致します。マックス・シェーラ…

発展

『断片をつなげる人』(戦争語り部)を人生のプロジェクトとして、お客さまをはじめ様々な人にお話をさせて頂きますと、驚くような発展があるものだとおもう出来事がありました。私の、ある士業をされているお客さまにお話を致しますと、なんとこの方も以前か…

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館へ

先日ブログで記した猪熊弦一郎現代美術館に行って参りました。新聞で故猪熊弦一郎氏を知り、11月30日まで開催している『戦時下の画業』を何とか現場現物で見たいと思い、最終日に香川県丸亀市まで強行突破してきたのです。丸亀市駅すぐにある美術館は、非常…

断捨離におもう。

少し前に、とにかく不必要なものをどんどん捨てる『断捨離』が流行し、最近では生きる為に必要最低限のものだけしか持たないミニマリストという人も現れるようになりました。断捨離やミニマリストなどの生き方が性に合う人ならそれで良いと思いますが、あた…

喪中葉書

この時期になると、喪中葉書が毎日のように 届くようになります。ご両親のどちらか、ご兄弟が、 そして祖父母が他界した方など様々です。ああ、この方のお父さんは長生きをされたんだなぁとか、まだまだこれからなのにお気の毒に・・・ など、色々と思います…

葉っぱのフレディ

師匠に教えて頂いた絵本、『葉っぱのフレディ』を読みました。この絵本の作者、レオ・バスカーリアは、アメリカの著名な哲学者であり、生涯でたった一冊書き上げた絵本がこの葉っぱのフレディでありました。葉っぱのフレディは、大きな木の梢の近く、太い枝…

夫婦だもの

師匠のご自宅で、映画『夫婦だもの』を観ました。てんびんの詩など、数々の企業教育映画を プロデュースされた、故竹本 幸之祐さんの 作品です。舞台は金沢。地元のパン屋を営む『大昭パン』は、 進出してきた全国チェーンの大型店にお客を 奪われ、苦しい商…

猪熊弦一郎

昨日の日経新聞に、猪熊弦一郎の世界が 掲載されていました。東京にあるJR上野駅の改札には、猪熊弦一郎が 画した『自由』という名の大きな壁画があります。写真が掲載されていましたが、非常に存在感の ある大きな壁画です。1945年の終戦後には、戦争で親を…

大阪府立中央図書館へ

先日、大阪府立中之島図書館と 大阪府立中央図書館の利用カードを作りました。今日は東大阪で仕事があったので、 帰りに府立中央図書館に寄ってみました。4階建の立派な建物には、さすがは蔵書数日本一の 図書館だけあり、大量の本が保管されていました。歴…

人生はわからない。

ある会社の社長であり、私のお客さんである方の お母さまから連絡があり、社長が3週間前に 脳幹出血で倒れ入院されているとのことでした。47歳と若く、仕事もバリバリされながら、 オフには鹿児島で趣味のサーフィンや、 安納芋を生産されたりしている本当に…

1954年・ゴジラ

先日の第五福竜丸展示館の影響を受け、 1954年(昭和29年)11月に上映された、 初代ゴジラの映画をレンタルして観ました。というのも、ゴジラ制作のエピソードどして、 第五福竜丸の事故が大きく影響していることを 知ったからです。ゴジラ誕生は、第五福竜丸…

第五福竜丸展示館

東京出張では、1日目の仕事を終え、 新木場駅から歩いてすぐ、夢の島公園内にある、 『第五福竜丸 展示館』に行って参りました。木造のマグロ漁船第五福竜丸は、1954年3月1日、マーシャル諸島にあるビキニ環礁でアメリカが 行った水爆実験によって被爆し、 …

仕事の報酬は仕事

昨日、今日と東京で仕事をさせて頂きました。 行きの新幹線からは、富士山が綺麗に見えました。今年は新幹線、飛行機、日本平から富士山を 見ることが出来ましたし、また実際に登頂も しましたので、富士山に縁のある1年でした。仕事の方も、昨年独立された…

涙を流すより、考えてほしい

ハードディスクに録りためていた、 アウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館で働く、 中谷 剛さんの特集番組(NHK)を観ました。中谷さんは、世界遺産のアウシュヴィッツ= ビルケナウ強制収容所内アウシュヴィッツ・ ビルケナウ博物館の、最初で唯一の 外国人公式…

地獄絵ワンダーランド

今日は予定通り、京都にある龍谷大学、 龍谷ミュージアムに行って参りました。11月12日まで、『地獄絵ワンダーランド』が 開催されています。地獄というものがどういった概念で、 システムはどうなっているのか。 また、どう世の中に浸透していったのか。平…