読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きあう

今日、私のお客さんとお会いする約束でしたが、なんと婚約者を連れてきて下さいました。

3月14日に入籍されるそうです。

幸せに満ちたお二人の雰囲気が、微笑ましいものでした。

お付き合いをされて1年半。

この恋が、きっと深い愛情となり、
この人生で一番大切なパートナーとして長年、生きあう事でしょう。

私は、生きあうという言葉が大好きです。

人は、一人だけで生きてはいません。
人と生きあっています。

明日も大切な人と一緒に生きあいましょう。

定義

職場の歓迎会でした。

お酒の席というのは、本音で語らいあったり、議論しあったりする事があります。

ついつい、人の意見に反論したり、自分の考えを押しつけたりしてしまいがちです。

だからこそ、こんな時にも、忘れないようにしているのが、【定義】です。

例えば、『親友はいるか?』という話になった時、親友はたくさんいると答えた人がいたとします。

それに対して、親友などたくさんいるはずがないと、反論した人がいます。

果たして、この会話は成り立っているのでしょうか。

これは成り立っていません。

なぜなら、『親友』とは何かが、
お互いに定義付けられていないからです。

定義付けをして議論する。

特にお酒の席では必要になるのではないでしょうか。

今日も一日、お疲れさまでした。

正義感という違和感

日本の、ある消防士のドキュメント番組を見ていました。

2001年に起きた同時多発テロ。その現場であるグランドゼロに、外国人として初めて立った日本人消防士の物語です。


事のはじめは、テロが起こる3ヶ月前になります。ニューヨークで世界70国から集まった消防士さんたちの、オリンピックともいえる大会がありました。

そこで日本人消防士さんが見事優勝されました。その夜はアメリカの消防士チームと健闘を称えあえ、共にお酒を交わしたそうです。

また会おう!そう約束した矢先、あのテロ事件が起こります。

大会に出場した、日本人消防士の一人が、共にお酒を交わしたアメリカの消防士に安否のメールをします。

11日経ってようやく返事がありました。その内容は、『助けてほしい』でした。

メールを読んだその消防士さんは、なんと休暇を取り、共に大会に出場した仲間たちと、ニューヨークへ向かうのです。

それは、誰にも止められない正義感が動かしたものでした。

ここで私は、この正義感というものに違和感を感じました。

たった一度、大会で競いあった、それも異国の同士のために、現地に行くという判断をした、その正義感にです。

確かに助けてあげたい。そんな思いは、私にも沸いてくるはずです。

しかし、これは公務ではなく、自主的な判断です。

もし、正義感というものを冷静に考えた時、一番守るべきものは何でしょうか。

私は家族を守りたいと思います。

テロ事件が起こったニューヨークで、すぐさま次のテロが起こるかもわかりません。危険度は最高潮にある場所です。

もしもの事があった時、一番大切である家族を置き去りにしてしまうことが、果たしてその決断は正義でしょうか。

日本で大火災が起こった場合、本来居るべき方がいらっしゃらなければ、どうなるのでしょうか。

この方々の行動力、正義感は凄まじい力がある半面、本来居るべき場所、選ぶべき正義はそこではないように思いました。

感動的な物語ではありますが、正義感というものに違和感を覚えた時間でした。

人は感情で動く生き物。
だから、感動と書きます。

私は非常に冷血だと思われるかもしれませんが、感情の主体を、本当に大切なものに使いたいと思いました。

消防士でもない私が、偉そうに書きましたが、
自分の意思を確認する意味でも、
書い留めてみました。

お金で幸福は買えるか?

村上龍さんの『おしゃれと無縁に生きる』を読んでいます。

物事の本質を捉える独自目線には、勉強させられる一冊です。

その中に、『お金で幸福は買えるか』というテーマがありました。

そのテーマに、村上さんは全く興味がないとおっしゃています。

なぜなら、『幸福という定義が曖昧だから』です。

確かに幸福感というものは、感じるポイントが千差万別なるものです。

しかしながら、『お金があれば、不幸をある程度回避できる。』と定義づけられているところに、非常に納得感がありました。

お金があれば、趣味などを持つことが出来たり、旅行に行ってリフレッシュすることができます。

また、定期的な健診、スポーツジム通い、管理された栄養のある食べ物を摂取したりと、健康作りにも充分留意することができます。

お金で幸福は買えるかわからない。
しかし、不幸は回避できる。

この定義に、非常に賛同いたしました。

不幸を回避するお役立ち。

それこそが私の仕事だと思います。

今日も気付きを頂きました。
ありがとうございます。

動物たちに学ぶ

昨日、家族で動物園に出掛けました。

天気もよく、風もなく気温も高め。
出掛けるには最高の午後でした。

市内の中心部にあるこの動物園は、実に12年ぶりです。

暫く工事をやっていましたが、園内も園周辺も、とても綺麗になっていたのには驚きました。


さて動物園には、沢山の動物たちがいますが、中でも生態に驚いたのは、コアラです。

コアラは、24時間のうちの15時間以上眠っているようです。

ですからコアラを見ても、気持ち良さそうに眠っているところでした。

しかしながら、大勢の来場者が、コアラの愛らしく眠る姿を見ては、かわいい、かわいいと声を上げて癒されていました。


また、猛獣エリアのライオンは、さすがの迫力でした。

威厳のあるたてがみ、堂々とした姿を、たくさんの人がカメラにおさめていました。


ゾウやキリンの大きさ、鋭い目をした鳥たち、可愛らしいペンギンの姿に美しい柄の猫科の動物たち。

動物たちはそれぞれ、姿、形が全く違います。

そんな動物たち1つ1つのエリアそれぞれに、たくさんの人が魅了されている。

それは、動物たちが、何か他の動物になろうとするわけではなく、ありのままの姿でいるからだと思います。

人の魅了も同じだなぁと思うのです。

自分を高尚な人に魅せたり、知識をひけらかしたりするのは、反って魅力的に映りません。

素直で、謙虚で、ありのままの自分で生きる人には、魅力を感じます。

動物たちのように、ありのままの自分で生きたいものだなぁと、感じました。


有り難いことに、
今日も家族で幸せな時間を過ごせました。

ソフトボール

今朝は、いつもよく我がソフトボールチームの面倒をみて頂いている、キングスさんというチームに混じって、練習試合をしてきました。

場所は、Panasonic内にある、人工芝グラウンドという素晴らしい環境でした。

人工芝は、天気がいいと太陽の照り返しが強く、この2月であっても、少し動いただけで汗が滲みました。

久しぶりに、打って投げて走る。スポーツで身体を動かすことは、リフレッシュになりますし、身体が喜んでいる事が、犇々と伝わりました。

明日は筋肉痛でしょう。

それもまた心地よく感じるものです。

こうやって、当たり前のように身体を動かせることを当たり前と思わずに、感謝しなければなりませんね。

当たり前と思うことが、知らず知らず人生をつまらなくするものですから。

今日も一日、ありがとう。

必要でないものは、必要でないと言うことが必要!

今朝早くに、私のお客さんである、ある会社の社長から電話を頂きました。

この社長から、同じ会社の役員さんをご紹介頂いたのですが、その紹介を私にして下さった理由をお話下さいました。

その理由は、私が

【必要でないものは、必要でないと言える事も、この仕事には必要です。】

といった事にあるようです。

この社長は、私がお伺いした時に、何か安いものがあったら買ってやろうと思って下さったようです。

しかしながら、私はそれを拒否しました。

そこに、紳士さと信用を頂きました。

商売をしていると、これは必要でないという物まで、必要だと言ってに売り付ける人もいます。

という私も、喉から手が出るほど契約頂きたい欲が出るときもあります。

しかしながら、必要でないもは必要でない!と言えることも、商売をしていく中で大変必要な事だと思います。

この事が伝わったこと、またそれをしっかりフィードバック頂く社長の優しさに、また勉強をさせて頂きました。

石田梅岩さんを見習い、
正しい商売を志していこうと思う次第です。