読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熟睡と安眠

車で移動中、よく安岡正篤先生のCDを聴いていますが、多々素晴らしい気付きがあります。

例えば、熟睡と安眠というものがあります。

熟睡とは、深く眠ることです。体の疲労を取るのが熟睡です。

そして、安眠とは、心理の状態の眠りを言います。

精神状態が平和であれば、安眠ができますし、常に不安や恐れがありますと、安眠は妨げられます。

正しい眠りとは、この熟睡と安眠とが両方備わっている眠りをいうようです。

現代人は、この安眠や熟睡が出来ていないように思います。

どこか精神が満たされず、ダラダラと夜更かしをしたり、深酒をしてしまったりと、規則正しい生活が出来ていません。

私にも当然言えることです。

だから、日中に眠くなり、ついつい惰眠をしてしまいます。

それでは、人間本来の持つエネルギーや活力が発揮できないと、安岡先生はいいます。

夜はしっかり眠ること。

そして、安眠するためにも、寝る前の神聖な時間を読書などで落ち着かせること。

これこそが活力。

心得てまいります。