Mr.Children

昨日、Mr.Childrenの25周年ライヴに
行って参りました。

題して、ドーム&スタジアムツアー2017『Thanksgiving 25』。

開始前から、会場は期待感の熱気で、
大きなエネルギーを発していました。

暗転から巨大なスクリーンに流れ出す、
25年間の軌跡。

その軌跡は、改めてMr.Childrenの長きに渡っての活躍、世に与えてきた影響を感じさせてくれます。

そして、一気にバンドサウンドが一曲目を
叩きだすと、ドームのボルテージは最高潮に。

そこからは怒濤のヒットメドレー。

私を含めて多くのファンにとって、
究極の至福を味わったと思います。

サウンド、声、フィールドに映像。
全てにおいて、感動がMAXに至ったように
思います。


Mr.Childrenの楽曲には、今を生きる
すべての人が持つ感情が入っていると思います。

絶望、刹那、悲しみ、怨み辛み、

希望、愛、喜び、善、夢。

そして、生と死。


一曲の中に、『哲学』を感じてならないのです。

そこが、Mr.Childrenの最大の魅力であり
私が好きな理由です。

明日への活力を貰いました。

一緒に行った仲間、そしていつもいつも、
チケットを手配くれる友人に感謝しています。

素晴らしい時間を、ありがとうございます。