でんでんむしの かなしみ

新美南吉の、
『でんでんむしのかなしみ』という絵本を、
師匠に教わりました。

今の皇后さまが、

『何度となく、思いがけない時に記憶によみがえってきた』とおっしゃられた物語です。

でんでんむしはある日、自分の背中の殻の中には、かなしみがいっぱい詰まっていると気づくのです。

そして、仲間のでんでんむしに
その事を打ち明けます。

何びきもの、同じでんでんむしに話をすると、だんだんとある大切なことに気づいていく物語です。

シンプルで短いお話ですが、大人の私にも元気をもらえる、素敵な絵本でした。

心にしみる、素敵なお話が
この世界にはたくさんありますね。

ありがたいものです。