『シンコク』から『シンケン』に。

将来への悩みや、今を生きることで現れる問題等を、考えれば考えるほど、クラクラとすることがあります。

マイナスなエネルギーが働けば働くほど、しんどくなるものです。

それは、『深刻』に考えているからだと、師匠はいいます。

深刻とは深く刻むわけですから、もちろんしんどくなる要素になります。

しかし、これを『真剣』 に考えるという風に、定義を変えてしまう訳です。

そうすれば、いかがでしょう。

下を向いて落ち込むような発想から、目線を上に上げて、一歩でも進んでいけるように思うでしょう。

この発想が本当に大事だとおもいます。

その為には、笑える要素を取り入れることです。

少しでも、今の状況に冗談を交えて笑ってみる。

そんな小さな変化があるのとないのでは、ポジティブ感が何倍も違ってきます。

前を向くから、真剣に定義づけられる。

深刻ではなく真剣に。

よい発想を頂きました。