3つの視点

判断に迷ったり、物事を見極めるときの指針に、この3つの視点をもつ。

そうすれば、極めて正しい判断ができると師匠から教わりました。

その3つとは、以下です。

①本質的

これは、物事の本質とは何かを見抜くということです。

②長期的

今だけで判断するのではなく、長い目でみてどうだろうかということです。

③複眼的

一つの視点や、自分だけの価値観でみるのではなく、様々な角度、視点からみたり考えたりすることです。


この見方の癖をつけることは、見方を人生の味方にできます。

この3つの視点を忘れずにしていきたいものです。