読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緒方洪庵

緒方洪庵(おがた こうあん)』という人物をご存知でしょうか?

江戸末期に今の岡山で生まれた洪庵は、医者でありました。

蘭学を学び、当時普通の医学だった漢方ではなく、オランダ医学の蘭方医となり、西洋の医学を取り入れた、かなりの名医だったようです。

洪庵は1838年から大阪に移り、『適塾』なる私塾を開き、多くの武士、医師などを中心に、身分を問わずに蘭学を啓蒙したそうです。

適塾の塾生には、福沢諭吉大村益次郎がいたというので、この塾の凄さが伺えます。

洪庵は、名を求めず利を求めず、患者に尽くした素晴らしい人物だったといいます。

世のためにつくした生き方は、本当に美しい。

見習うべき偉人だと思います。

そしてその適塾が、淀屋橋に今も資料館として残っています。

今日、仕事の合間に行って参りましたが、当時の間取りを再現し、非常に見ごたえがありました。

2階には、塾生たちの大部屋がありましたが、真ん中に備え付けられた柱は、刀の傷跡が生々しく残っていました。

血気盛んな若い塾生たちの、若気の傷とでもいうのでしょうか。

ビジネス街のビルの中に、当時の雰囲気のまま残された適塾は、大阪が誇る文化遺産の一つであることは間違いありません。

良い時間を過ごさせていただきました。

f:id:dantel:20170510204034j:plain