娘の優しい涙

本日、我が家に新しい車がやってきました。

買い換えたのであります。

中の空間も広くなって、子供たちも喜んでおりました。

ディーラーで引き渡しを終え、今までお世話になった車を背に、新車でディーラーを出るときです。

小学校2年生の長女が、一人泣いていたのです。

先程まで、あれだけ喜んでいた娘でしたが、

これで、本当にお別れなんだと実感したのでしょう。

そして、きっとひとりぽつんと残された寂しそうな姿を見て、車の立場、気持ちになってくれたのだと思います。

娘の優しい涙に、私も妻も、胸が暖かくなりました。

そして何より、今までお世話になった車も、きっと嬉かったと思います。

さようなら。
そして、ありがとう。


アウディちゃん。

娘がいつも、そう呼んでいました。

本当に、お疲れさまでした。