読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光陰矢のごとし

欲望中心の生き方では、
欲望は永遠に満たされない。

使命中心の生き方こそ、
生きる意味を感じることができる。


自分が人生に期待するのではなく、
人生があなたに期待をしている。


今日もフランクルの言葉が、
じわぁっと心に染み渡りました。

言葉との出会いも、ご縁だと思います。

今、置かれている立場がどんなに苦境でも、何かがその人を待っています。

だからこそ、不平不満だけに終わらずに、意味を問い、自立した一人間として行動していこうと思います。

『光陰矢のごとし』

月日はあっという間に過ぎ去ります。

毎日、毎日、味わい深いものにしていきたいものです。