ひつじのショーン救出作戦!

今日我が家では、ピアノの下部分と、壁との小さな隙間に落ちた、ひつじのショーンフィギュアを救出する、一代プロジェクトを行いました。

事の発端は、以前次女が、ピアノの下にショーンのフィギュアを落としてしまったことでした。

ピアノの下には、ペダルの部分があり、大きな隙間ができています。その隙間に入り込んだので、もう取れないと、妻も娘二人も諦めた様子でした。

そこで、私が出動。

『お父さん、無理やって!』
『どうせ失敗に終わるって!』

と小学1年生の長女。

何もしないで諦めようとしている長女に、これは実践教育だ!と思い、こう言いました。

『何もしないなら、変わらないよ。でも、チャレンジすれば、失敗に終わるかもしれないけど、何もしないよりは、ショーンを救出できる可能性は上がる!』

そして、救出プロジェクトを決行致しました。

隙間のものでも取れるように、新聞紙を細く丸め、先っぽを折り、ピアノと壁の隙間に入れてみる。

一回目は失敗に終わる。
しかし諦めない。

もっと長くしたものに、ガムテープを貼り、ショーンが運良くくっつくかもという作戦。これも失敗。

まだまだ諦めず、逆側から新聞紙を差し込んでぐいぐい押してみる。

そうすると、ショーンが少し顔を覗かしている。

根気と集中力を高め、何ども手を伸ばしていくと、ついにショーンを救出することが出来ました。

最初は無理と思っていた娘たちも、ワァーっと喜びの声をあげてくれました。

諦めなかったら、目的を達成できる確率はぐんと上がるということ。

またそれよりも、

諦めないというプロセスの中にこそ、面白い時間があるということを、少しでも伝えられたと思うと、佳かったなぁと思います。

ひつじのショーン救出作戦、
無事に成功。

ショーンも、喜んでくれているでしょう。