読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Time is life

『Time is life』。

これは、私の師匠から教わった数ある教えの中でも、一番腑に落ちた、生きる上での根っ子になった言葉です。

時は命。

そう、時間とは命そのものです。

こんな当たり前のことなのですが、恥ずかしながら私は言葉だけを知り、真解(しんげ)までいかずに過ごしてきました。

この言葉が、身体中に染み渡るような様相へ変化したのは、紛れもなく、両親の他界であります。

母は3年前、父は2年前にこの世を去りました。

母は闘病の末、そして父は突然でした。

それからです。命という感覚が芽生えたのです。

この、命という感覚こそが、師匠が常におっしゃられている『Time is life』なんだと。

命は、いつ、どうなるか、どこまで続くのか、どこで終わるのかはわかりません。

この1秒1秒刻まれる時間、その時間こそが命です。

この感覚があれば、時間を大切に使おうと思えるのです。

それは、損得で何に使うかではありません。

命が輝くかどうかです。

毎日、毎日をどう生きるのか。
この命をどう使うのか。

これこそが、生きるというものだと私は思います。