読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎年、私の誕生日になると、
お義母さんから、心のこもったバースデーカードが届きます。

バースデーカードには、手書きで描かれた果物(今年はふっくら甘そうな苺でした)に、メッセージが添えられています。

手に取るだけで、気持ちが温かくなる、体温を感じるバースデーカードです。


私の母は2年半前、病気でこの世をさりました。

寂しい気持ちは、いつまでも心の端っこに居座っています。

それでも、もう一人の母がいる。

自分の母のようには甘えられませんが、やはり心強い、有り難い存在です。


『親即恩』という言葉がありますが、親というだけで、直ぐに恩を思うという意味を表します。

そうです。

すべての人が今、生きていられること。
それは、すべての人に、生んでくれた親がいるという事ですから。

バースデーカード、大切にさせてもらいます。