対話

新潟での仕事を終え、帰りの新幹線でふと思い出しました。

『対話』について。

人は、誰と一番対話するのでしょうか。

それは家族でも友人でも、仕事仲間でもありません。

一番対話をする相手は、自分自身です。

これは以前、コーチングを受けていた時、先生に教わりました。

新幹線で2時間、3時間揺られながら、色んな事を考えている自分に気付きました。

対話し放題です。

自分自身が自分自身と対話をするなかで、自然に価値観が身に付きます。

ぼーっと考えていることも、価値観を形成する要素ですから、暗くしんどいことを考えたとしても、最後には、

『あ、それでも、俺は今日も生きているな!』で締めくくればよし!です。

帰りは積雪の為、特急しらゆきは運行を見合わせました。

東京経由の新大阪着です。

東京を今出ました。
有意義な時間にいたしましょう!